その4 協働からの連携、チーム発足か?!

  • 2018.03.15 Thursday
  • 21:25

工夫と知恵、じっくり考える時間が

ある時、ない時、

ある。

 

現場作業は、いつも時間がない。

 

短時間で工夫をすること、

そのスキルを持っているかどうかは、

個々の「目」に宿っているのがわかる。

 

材料は最低限仕入れたが、

足りないものがあれば、

近くに買い物にいくという手段を取る予定でいた。

 

だが、その必要はなかった。

 

それは、個々の工夫と知恵があったからだ。

 

通常、アーティシャルフラワーを作る際には、

さしたりする土台(オアシスなど)が必要だ。

 

今回、その土台を一切用意していなかった。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

実は、わざとだ。

 

◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

グリーン類は、全部で想定数として、

70個くらいあったらいいな、という感じだった。

 

70個くらいも、目に見えない部分の土台(オアシス)を

購入すれば、かなりの金額になる。

 

ここは、目に見えるところにお金をかけたいところ。

 

なので、ここは、現場のみなさんのDIY精神を試させていただいた。

 

すると、

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

「ないものは作るしかない」

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

と、どこかで聞いたことのあるフレーズを

みなで一斉に掲げ始めたかのように、

今回届いた仕切り棚のダンボールやら、中の梱包材やら

紙やら、発泡スチロールを、各々が「土台」として活用し始めた。

 

 

 

入れ物になる器類は、安価なものにして、大量にそろえたし、

これまで他店舗で使用していた(現在未使用)品やなども、

飾れないかと、当日持っていくことしした。

 

 

この額縁も、古くてチープな使用済みランタンも

これまで深い眠りについていたが、

突如、起こされ生かされた。

 

おはよう。

 

 

 

仕切り(27m!)に使った装飾棚に、

このような工夫を重ねていって、

10分に1つの作品が

次々と出来ていった。

 

延べ100ちかくの作品になった。

(あとで数えたら、想定以上の数が出来ていた 驚!)

 

 

 

これも、

 

 

これも、

 

 

これも、

 

店で出た「缶詰の空き缶」や、

8年以上も前、使用していた他店舗のOPEN札、

などに再度、命が吹き込まれた。

 

ゴミ(ダンボールや発泡スチロール)があったおかげもあって

出来たのかもしれないし、

 

いや、活かした方の人たちが、

やはり、ただものではないと思う。

 

 

その5もあるかも。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM